Bali Safety Trust JAPANとは

Bali Safety Trust JAPAN(以下BSTJ)

設立経緯

BSTJはバリ島において2014年の「日本人ダイバー漂流事故」を契機にバリ島を拠点に活動する日本人系ダイビング事業者の有志により設立された。


目的

安全対策に関して必要事項を協議し、事故の防止及び緊急時の迅速かつ適切な救助活動の遂行に必要な措置を講ずるとともに、安全で秩序あるバリ島のレジャーダイビングの普及と発展に寄与することを目的とする。


活動
  • 事故防止のための安全対策を協議し、各方面への安全意識の啓発活動。
  • メンバー間の活発な情報交換を行い、海況や安全に関する情報を共有する。
  • 緊急時の事故対応プランの作成。
  • 緊急時に備え、海上警察や各地の安全対策協議会等々との連携及び情報交換。
  • BSTJ独自の安全対策基準の作成。